ビジネスマナーの基本

  •  
  •  
  •  

3.感情に左右されない人(下請け会社)



24歳、下請け会社勤務。現在の会社には1年8ヶ月ほど勤めています。また一緒に仕事がしたいと思った人は同じ会社の人です。

落ち着いた精神状態。仕事に責任を持ちやり遂げることができる人

一緒に仕事がしたい人の特徴はいくつかあります。

・精神状態が(比較的)安定している人
こういった人はイライラしていていも関係ない日とには八つ当たりをしてこないし、落ち着いた状態で関わってきてくれるので安定感を感じます。
あとは、話し方が丁寧な人には一緒に働いていて頼りがいを感じますし、挨拶を返してくれる人は関わっていて気分がいいです。

・丁寧に仕事をする人は信用できます。
仕事内容に責任を持ち、最後までやり遂げる人は信用できます。

・自分と性格が似ている人
自分と似通った性格の人は話しかけやすく、仲良くなりやすいです。
仲良くなることで堅さが取れて話もしやすくなるし、精神的にもリラックスして一緒に働けます。
また、共通点が多いと揉め事も起こりにくくなります。

・挨拶が出来る人
いつも挨拶を出来る人は意外といないということがわかりました。
集中していて気がつかなかった、体の調子が悪くて挨拶が出来なかった場合なら仕方がないと思いますが、イライラしていて人と話すのが嫌・相手のことが嫌いで無視をした という人も中にはいます。

・自分より若かったり経験の浅かったりする人の意見でも耳を傾ける度量のある人
年齡が上だからとやたら鼻にかけてしまう人はやりにくいです。
いくら自分のほうが年上だと威張っても入った時期が相手よりも遅ければ相手から教わらないと知識や仕事内容は身につきません。
相手が年下の上司や先輩であろうと教わるときには教えてもらう態度を取れる人がいいです。

自分の感情次第で態度が変わる人とはやりにくい

そのほうが精神的に気持ちよく働けるからです。
反対に気分次第で関係ない人に八つ当たりをし、責任を放棄し、挨拶をわざと無視する人とは不快感でいっぱいになって相手とは関わりたくなくなってしまいます。

メニュー

AD

▲ PAGE TOP 

Copyright ビジネスマナーの基本 All Rights Reserved.