ビジネスマナーの基本

  •  
  •  
  •  

3.共有スペースでのマナー

オフィス内だけでなく、共用スペースでのマナーも守れてこそ、社会人だといえます。「譲る」ことを優先的に考えたエレベーターや、廊下、階段でのマナーについてご紹介します。

エレベーターでのマナー

基本的に、降りる人が優先となります。新入社員の場合は、上司の方を優先とし、乗る場合、降りる場合の両方において、自分は最後にするという意識が重要です。また、エレベーターの中では、席次については、下の図を参考にして下さい。席次については、スペースが開いていない場合は、上座に乗る事になりますが、スペースが開き次第、下座に移るのがマナーです。

エレベーター乗降時

1.ドアを押さえる
エレベーターのドアが閉まらないように、片手でドアを押さえます。全員が乗り込んだ後で、自分が乗り込みます。

2.乗る
操作ボタンを操作するのは新人の役目です。扉と閉じ、行き先のフロアのボタンを押します。身体を斜めにして上司に背を向けてしまわないようにします。

3.操作する
同乗者に降りる方がいる場合は、開ボタンを押します。乗る人がいれば、行き先のフロアを確認し、操作ボタンを押します。

4.降りる
同じフロアで降りる人が全員降りた後に、降ります。人が降りている間は、扉が閉まらない様に、開ボタンを押し続けます。

廊下・階段でのマナー

廊下でも「譲る」事を念頭においた行動を心がけてください。自社、他社を問わず、人とすれ違う時は、道を譲った上で会釈をするのが基本的なマナーです。また、幹部クラスの人物とすれ違う際は、頭を下げたまま通り過ぎるのを待つことをお奨めします。

廊下・階段の移動時

端を歩く
廊下を歩く際は、人とすれ違うスペースを保って歩くことを心がけてください。

大きな足音を立てない
必要以上に足音を立てると、業務の妨げになりますので、足音はできるだけ立てないように心がけてください。

通路を譲る
上司だけでなく、宅配業者の方、清掃業者の方などにも通路を譲ることを心がけてください。会釈に「お疲れ様です」などの挨拶を加えると更に印象が良くなります。

上司と一緒に歩く際
2,3歩後からついていく事を心がけてください。また、人とすれ違う際は、自分だけは通路を譲る様にしてください。

来客の案内
来客の案内中に人とすれ違う際は、通路を譲る必要はありません。自分が避けることによって、来客の方も避ける必要が生じてしまうからです。

階段で上司に会った場合

外側よりも内側が最短距離となりますので、外側を歩くことを心がけてください。上司とすれ違う際は、通路を譲り会釈をします。

メニュー

AD

▲ PAGE TOP 

Copyright ビジネスマナーの基本 All Rights Reserved.